2006.03.11

木村カエラ

circle

 東京出張から帰ってみると、アマゾンから封筒が届いてました。予約しておいた木村カエラのニューアルバム「Circle」でした。早速聞きながらこれを書いてます。木村カエラなんてガキっぽいですが、なんとなく気になってました。やはり奥田民生のプロデュースで話題になった頃からです。最近ではサディスティック・ミカ・バンドでも頑張っているようです。おじさん世代にはとても懐かしいです。もちろん、初代ミカ・バンドですよ。ミカ・バンドと言えば、高中正義ですが、これはまた次の機会に語りたいです。
 さて、サークルのデキですが全体を通して爽やかなロックサウンドというやつでとても聴きやすいです。中高生にはピッタリじゃないでしょうか?もちろん、おじさんにもピッタリです。歌詞カードの文字はもう少し大きくしてください。おじさんには見えません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.19

たみおちゃん

 昨日は、ZEPP Nagoya にて奥田民生のコンサートがあり久し振りに行ってきました。正面真ん中5列目という好位置でしたが、オールスタンディングのため、コンサート開演と同時にモミクチャにされ、年寄りにはとても辛い状況でした。おまけにTシャツだらけの中、私一人スーツにネクタイでネクタイを絞ると汗がしたたるんじゃないかと思えるほどでした。
 さてコンサートですが、2005年ツアーで新アルバム中心でしたが、まだ発売されていないので初めて聞く曲も多かったです。後半はおなじみの曲中心でおおいに盛り上がりました。メンバーは5人から一人減って4人構成で民生ちゃんがボーカル、ギター、進行を一人で行う形式でした。頑張ってるね、民生ちゃん!
 グッズTシャツいっぱい買いました。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2005.02.21

大滝詠一

 A LONG VACATIONは歳がバレますが、大学1年の時に発表されて大学時代はもちろん、その後20数年間、聞き続けている名盤中の名盤です。すべての曲が青春時代の思い出とリンクします。
 高校時代はほぼギター中心のハードロック、後半フュージョン(当時はクロスオーバーと言っていた)一辺倒でしたが、大学に入るとやはり軟派になって和製ポップスを聞くことが多くなりました。もちろん、キャンディーズやピンクレディー、松田聖子も好きでしたが日本のポップスというとやっぱりコレです。20年の歳月が流れ最近またCMで使われているようですが、まったく色褪せていません。

くわがたパームのランキングはコチラ →→→ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.13

ディープ・パープル

 久し振りの音楽コーナーですが、第3回はDeepPurpleです。ビートルズで洋楽に目覚め、次のステップでハードロックへと進みました。当時はまだヘビメタなどという言葉はありませんでした。とにかくリッチー・ブラックモアのギターが最高でメチャクチャ練習しましたが、最後までうまく弾けませんでした。才能がなかったんですね。
 イアン・ギランではなくデヴィッド・カヴァーデール(VO)とグレン・ヒューズ(B、VO)の加入した「Burn」を選んだのは、リアルタイムだったからです。FMラジオの洋楽ベスト10番組で流れていたのを覚えてます。同じときに「レット・イット・ビー」とジム・クローチの「タイム・イン・ア・ボトル」がランクインしていたような気がします。とにかくバァァァーンのギターのインパクトは凄くてゾッコンでした。リッチーは今でも僕の神様です。

 やっとディープパープルが来日してくれてコンサートに行けたのは、残念ながらリッチーが脱退したあとでした。リッチーの後釜はトミー・ボーリンというギタリストでおまけに来日時は指を骨折していてサイテーだったことを覚えています。もうひとつおまけに漢字名を「墓林」と付けてしまって残念ながら早死にしてしまいました。合掌。
 リッチーに会えるのはレインボーとして初来日するのを待たなければなりませんでした。レインボーについてはまた機会があれば語りたいと思います。

くわがたパームのランキングはコチラ →→→ 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.30

ビートルズ

 奥田民生といえばやはりその原点はビートルズでしょうか。本人からすればビートルズと比較されるのはイヤかもしれませんが、一般的にそう思われている以上仕方がありません。
 私のビートルズとの出会いは中学生の頃でこれが洋楽との出会いだと思います。もう30年以上前のことなのでよく覚えていませんが、たしか「レット・イット・ビー」が流行っていたと思います。ビートルズを生(ナマ)で感じることのできる最後の世代ではないでしょうか?その後、赤盤・青盤を聞き徐々にのめり込んでいきました。ギターを弾き始めたのもこの頃で「ヒア・カムズ・ザ・サン」が最初に練習した曲だったと思います。もちろん数年後にはギターは諦めました。ビートルズを語りだしたらいつまでも終わらないのでこの辺にしておきますが、こんな感じではじまりました。現在も勿論大好きで愛用のiPod miniにも全アルバム入れてあります。
 写真はアルバム「マジカル・ミステリー・ツアー」です。これを選んだ理由は初めてかったLPレコードだからです。今でも自宅の棚にあります。嬉しくて嬉しくてたまらなかったことを憶えています。このレコードは当時あまり持っている人が周りにいなくて買いました。レンタル店なんてなかったですから。

 ビートルズの最初の記憶としては小学生の時に、オノヨーコがジョン・レノンと結婚したニュースをテレビで見ながらウチのオフクロが「日本人も偉くなったもんだねぇ。こんな有名人と結婚するなんて!」って言ったことです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お気に入りな音楽

 引越しでダンボール箱に詰められていたCDを並べながら昔から聞いてきた好みの音楽について書いていこうという気持ちが湧いてきました。そこでMusicという新しいカテゴリを作ってみました。
 1回目はとりあえず今一番よく聴いている人ということで奥田民生です。昨年はソロデビュー10周年ということでコンサートツアーやアルバム作成などとても精力的に活動されたようです。私も愛知県で行われたコンサートには2回足を運びました。出身地の広島では球場コンサートも行い、近くその時のライブDVDが発売されるらしいです。
 写真は昨年発売されたアルバム「LION」です。私は専門家ではないので技術的なことは分かりませんのであまり深くは語れませんが、これまでの10年間とは少し違う音作りになったような気がします。まぁ、奥田民生の音楽観についてはまた違う機会に語りたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)